ツアー参加に必要なもの

プログラムを快適に楽しんでいただけるよう、ウェア(服装)や持ちものをご案内いたします。

準備の参考にしていただき、分からないことがあればお気軽にお問い合わせください。

レンタル品もご用意しています。

シーズン共通

 濡れます!

  • シーカヤックはどうしても足や腕、お尻などが濡れてしまいます。”濡れること”を前提としたウェアをご準備ください。
  • 三陸の海は7月頃まで海水温が低く(20℃以下)、気温が高い場合でも、濡れても寒くないウェアが必要です。春は気温>海水温、秋は気温<海水温)
 
 ウェアのおすすめ素材
  • ラッシュガードやドライTシャツなど、登山やスポーツなどに適した化繊素材やウール素材で、濡れても乾きやすい速乾性のあるウェアがおすすめです。
  • 綿素材やデニム素材のウェアは水を含みやすく乾きにくいため、濡れてしまうと体温が奪われてしまいます。なるべく避けてください。
  • 各シーズン、上下に分かれたレインウェアやウインドブレーカーなど、防風と防水の機能があるウェアを携行していれば、風にあたって肌寒く感じるようなときに安心です。

 おすすめのシューズ

  • 濡れてもよい運動靴泳いでも脱げない靴が最適です(マリンブーツやスポーツサンダルなど)。
  • 漁港のスロープに上陸することがあります。非常に滑りやすいので、クロックスなど靴底にグリップのないサンダルでは滑ってしまい危険です。
  • 上陸したときに足を守るためにも、つま先が保護でき、カカトが固定されるものが安心です(ビーチサンダルやギョサン、裸足は危険です)。
  • レンタルシューズがありますので、不安な方はぜひご利用ください。
◎ マリンシューズ
◎ マリンブーツ
○ つま先保護&かかと固定 サンダル

  その他

  • カキ養殖のフィールドですので、スロープや岸壁などには貝殻がたくさん付いています。素肌で触るとケガをしますので、ケガ予防のためなるべく肌の露出を避けてください。心配な方は、軍手やグローブをご持参ください。
  • 日焼けや虫除け対策のためにも、肌の露出が少ない方がよいです。(曇りの日でも、気温が低い日でも…紫外線は私たちに届いてきます。油断大敵!)
  • メガネやサングラスを掛ける方は、海に落とすリスクを減らすため、メガネバンドをつけることをおすすめします。帽子も同じく、紐付きが安心です。
  • 各シーズンの詳細については、下記を参考にご準備ください。

春・秋シーズン

  • 日によってお天気が変わる時期です。春は気温>海水温、秋は気温<海水温。
  • 水に濡れた状態で風に当たると身体が冷えますので、最後まで楽しめるよう体温調節がしやすい重ね着がおすすめです。
  • ①+②+③の組み合わせが快適です。

① インナー


■ 水着もしくは化繊の下着
■ 化繊の長袖やラッシュガード
■ 化繊のタイツやレギンス

② 中間着


■ ウェットスーツ
■寒い場合はウールの靴下

③ アウター


■ 上下に分かれたレインウェア
■ 帽子 (濡れてもよいもの)
■ 寒い場合は中にフリース着用

夏シーズン

  • 気温は高く、海水温も上がりますが、お天気によって濡れた身体に風を受けて肌寒く感じることもあります。
  • ①+②の組み合わせと、防風対策として③をお持ちいただくスタイルが快適です。

① インナー

■ 水着もしくは化繊の下着
■ 化繊の長袖やラッシュガード
■ 化繊のタイツやレギンス

② 中間着

■ 化繊のTシャツ
■ 化繊の短パン
■ 帽子(濡れてもよいもの)

③ アウター

■ 上下に分かれたレインウェアやウィンドブレーカーを携行

レンタル

以下のレンタル品をご用意しています。ご希望の方は、ご予約時にサイズと数をお知らせください。

  ■ ウェットスーツ(ロングジョン):¥300-/着 <S・M・L・XL>

  ■ パドリングジャケット(アウター):¥300-/着 <S・M・L・XL>

  ■ マリンシューズ : ¥300-/足 <23〜29cm>

ウェットスーツ
パドリングジャケット
これでバッチリ!

持ちもの

□ 上記、季節に適したウェア

□ マスク

□ 飲みもの(500ml〜1L程度)

□ 日焼け止め 

□ サングラス(+メガネバンド)

□ 軍手・グローブ(牡蠣殻から手を守る)

– – プログラム後 – –

□ 着替え

□ タオル(着替え用・バスタオル)

あると便利な持ちもの
もしお持ちでしたら…

◇ 防水バッグ

◇ 防水カメラ(フロート付だと安心)

 

おしカヤックツアーへご参加される方

◇ 昼食

◇ 行動食(必要な方)

  • 乗り物酔いしやすい方は、あらかじめ酔い止め薬(アネロンなど)を服用の上、ご参加いただくことをおすすめします。